待ち楽flexの利用方法

【例】
患者様への対応業務が「診察」「検査」の2種類ある場合のパターン

  • 来院前

    来院前
    診察待ち状況_当日予約画面
    ご自宅や外出先でケータイやスマートフォンから待ち状況の確認や当日の順番予約(バーチャル発券)ができます。
  • 来 院

    <発券用端末>
    発券用端末
    <番号表示モニター>
    番号表示モニター
    発券_スタッフ端末
    受付スタッフが来院された患者様の来院目的を確認後、該当する科目のボタンをタッチし、番号札を発券。
  • 待合室

    <番号表示モニター>
    番号表示モニター
    待合_外出スマホ
    番号表示モニターに患者様の待ち状況がわかりやすく表示。外出しても携帯やスマホで順番が確認できます。
  • 検査室

    <呼出>
    モニター呼出
    <番号表示モニター>
    番号表示モニター
    呼出_スタッフ端末
    スタッフ端末で、患者様を検査室に呼出します。
    検査終了後は、ステータスを「診察待ち」に更新します。
    (診察室のドクターに対応を引き継ぎます)
  • 待合室

    <番号表示モニター>
    番号表示モニター
    呼出_同じ番号
    同じ番号で呼び出すから患者様にもスタッフにもわかりやすく、やさしい。
  • 診察室

    <呼出>
    モニター呼出
    <番号表示モニター>
    番号表示モニター
    ドクター_スタッフ端末
    検査室から引き継いだ患者様の番号をスタッフ端末で呼出します。診察完了後は、ステータスを「対応完了」に更新します。
  • 会計

    <呼出>
    モニター呼出
    会計_スタッフ端末
    検査と診察を終えた患者様を会計窓口に呼出します。
  • 患者様の対応順(診察が先か?検査が先か?)を
    スタッフが決定することが可能です。
    対応する順番が決まっている診療科目の場合は、
    「対応順固定」設定でより簡単なオペレーションも可能です。
  • 1人の患者様に1つの番号で全ての対応ができるから、
    患者様にもスタッフにも分かりやすい!

TOP