待ち楽flexの主な機能

<スタッフ用端末>

1人の患者様に対して、
受付〜会計まで同じ番号で
待ち状況案内・呼出ができます。
患者様に対する
「診察」「検査」の対応状況を
確認することができます。
1回の呼出で、
複数番号の呼出ができるので
中待合室へ呼出す時に便利です。
タブレット

<番号表示モニター>

「受付済み番号」ステータスで
一時預かり
まずは、「受付済み番号」に自動表示されます。
そこから、どちらを先に受診するか決まってから番号を「診察」や「検査」に移動させることができるので受付されたことがきちんと伝わり、患者様に安心してお待ち頂くことができます。
2つの順番列でわかりやすく表示
対応業務によって順番列を整理して表示するため、より分かりやすい管理が可能です。 
1回の呼出で、複数番号を呼出ことができます
中待合室への呼出時には、1回の呼出で、最大5名まで呼出が可能です。
「1台の表示モニターで、
複数科目の待ち状況表示が可能
一定の間隔で、科目毎の待ち状況画面を切り替え表示することができます。※最大5科目 
会計への呼出も可能
番号表示モニター 番号表示モニター 呼出時の画面

<発券端末・番号札>

受付スタッフが、
患者様のご用件を確認の上、
用件ボタン(発券ボタン)をタップし、
番号札を発券します。
※患者様に発券頂くことも可能です。
番号札は同内容で2枚発券されます。
(1枚は患者様に、もう1枚はカルテなどに挟み込み)
※1枚のみ発券も可能。
発券端末・番号札

<web系機能>

ユーザークリニック様専用
院内混雑状況案内サイト
来院前は、混雑状況を知ってもらい来院後は、待ち状況を見て外でお待ち頂くことができます。
アクセスする際に「会員登録」等の必要がありませんのでインターネットの出来る端末をお持ちの方であればどなたでも簡単にアクセスしていただけます。
当日順番予約機能
日頃通っているクリニックだから、混んでる時間帯はなんとなくわかるもの。
ご自宅で予め順番予約(バーチャル発券)しておけば、クリニックへの移動時間が無駄にならず、来院後の待ち時間を短縮できます。
きちんと伝わり、患者様に安心してお待ち頂くことができます。 
診察待ち状況 当日予約画面イメージ
診察待ち状況_当日予約画面イメージ

TOP